瘦身エステっていくらくらいで通えるの?相場とさまざまな支払方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステというと料金が高いイメージがありますが、最も需要の高い痩身エステであれば比較的手頃な値段で利用することができるようになっています。

今記事では、痩身エステを利用したいという方必見の相場や選べる支払い方法についてまとめてみました。

都度払いの痩身エステを受けるメリットとは

痩身エステの料金の支払いはその都度払いと一括払いがあります。一括払いの場合は複数回の痩身エステの料金を最初に全て支払ってしまうのです。

都度払いの場合は施術を受けた時だけ料金を支払う形になります。一括払いの場合は同じ回数受けた場合でも都度払いに比べて安くなることが多いため多くの人は一括払いを利用しますが、実は都度払いの場合にもメリットがあります。

もしも痩身エステが気に入らない場合には気軽にやめられる点です。一括で支払ってしまった場合は気に入らなくてもまだ回数が残っていればもったいないため通わなければいけません。

全額返金保証がついていればいいのですがそうでない場合は一円たりとも戻ってこないのです。ですのでリスクヘッジをする場合にはいいでしょう。

もう一つは万が一エステサロンが倒産した場合にも損をしない点です。一括で支払ってしまいますとまだエステの施術回数が残っていたとしても返金されないのです。

一回ごと支払っていれば返金されなくても損はありません。余程信頼のあるエステサロンならいいのですが、中小規模のサロンの場合はある日突然倒産してしまうこともありますのでその時払いを選択したほうがいいでしょう。

痩身エステの相場と効果について

痩身エステを利用したいという方に朗報なのが、その相場についてです。エステというとお高いイメージが付きまといますが、最も需要の高い痩身エステであれば比較的手頃な値段で利用することができるようになっています。

利用者が急増したことを受けて、痩身に特化したエステも部位別に利用しやすい価格設定が付けられています。一般的な相場というと大体1万円からとなっていることから、初めてでも抵抗なく利用ができる料金設定となっているので安心して利用することができる価格帯です。

エステというのは高ければそれだけ満足のできる施術を受けることができるというわけでもなく、また安いければ良いというわけでもないのでその見極めが肝心になります。

もっともよい方法はお試しエステを利用することによって施術内容を見極めるという方法です。エステサロンも顧客を獲得するために様々なキャンペーンを用意しています。

キャンペーンを利用するメリットというのは、キャンペーン価格で本格的なエステサービスの内容を確かめることができるということなので、手軽にその効果を実感することができます。まずはお試しキャンペーンを利用した後に納得して本契約を結ぶと良いです。

月額制の痩身エステについて

痩身エステとは、自分では取りにくいセルライトや脂肪をプロの手で効果的に取り除くことができる人気のエステです。エステには様々な種類があり、値段もエステサロンによって異なります。

多くのエステサロンが取り入れている体験コースでは、初回の利用に限ってリーズナブルな料金で施術を受けられますが、2回目の利用となると通常の価格になるので継続して通うことを断念する方も多いようです。

一般的に高価とされている痩身エステですが、月額料金が決まっているエステサロンもあります。月に通える回数が限られているところもありますが、1回いくらというような都度払いよりリーズナブルな値段で施術が受けられるので、今とても人気があります。

リーズナブルな値段といえど、施術内容は一般的なエステサロンとあまり変わりません。最新の機器やプロの手技によって高い痩身効果が得られます。

ただし、月に通える上限回数が決まっているサロンでは、行く回数が限られてくるので短期間で大幅に痩せるといったことは難しいと言え、計画的に通う必要があります。

また、月額制のエステサロンはまだあまり一般的ではなく、地方には店舗が少ないため通いにくいこともデメリットのひとつに挙げられます。

定額制の痩身エステを効果的に利用しましょう

痩身エステを利用する場合に、効果と金額でどのエステにしようか迷う人も多いでしょう。しかし、痩身を行う場合には一回の施術ですぐに効果が現れることは少なく、ほとんどの場合が数回の施術が必要になるものです。

その度に毎回お金を支払っていたのではなかなかその費用の予測が難しくなります。その為、安く済ますつもりがついつい大きな出費になってしまうという事も良くあります。

また、施術により料金が異なる場合がほとんどですが、自分に合った施術はどれなのかもなかなか一度で見つけることは難しく、安い痩身エステばかりを選んで受けてもなかなか効果が上がりにくいものです。

そんなときは、定額制の痩身エステを利用するのも非常に効果的です。定額制の場合は概ね一か月のカリキュラムが決まっており、総合的に施術が受けられることと、一か月の金額が決まっているので予算も立てやすく、また効果も非常に上がると言われています。

そして何よりも継続的に施術を受けることができるので、比較的効果が上がりやすいのです。エステサロンによっては、定額のお試しコースという位置づけで安価に定額の総合的な痩身エステを行っているところも多いので、このようなプランを効果的に利用することもお勧めです。

痩身エステで同意書が必要な時とは?

痩身エステに通って施術をしてもらう時に、同意書の提出を求められることがあります。これは施術をしてもらう人が20歳未満の未成年の時に必要になります。

最近ではほとんどの痩身エステで、未成年でも同意書があれば施術をしてもらえることになっています。「同意書ってなに?」と思われるかもしれませんが、これは親権者にあたる人が、「この人がエステサロンで施術をしてもらうことに同意しています」という意味の書類のことで、親権者の直筆の署名と捺印・連絡先の記載が必要とされています。

ちなみに、親権者というのはエステサロンの書類に記載されている表現で、実際には両親など保護者のことを言います。さらに、書類の提出のみでなく、初回のカウンセリングや契約時はもちろんのこと、実際の施術の際にも保護者の立会いを求めているサロンがほとんどです。

実際に金銭の絡む契約になるわけですから保護者が立ち会うのは当然のこととも言えます。保護者がどうしても契約に立ち会えない時には、同意書の提出に加えて、契約が成立した時に自宅に確認の電話を入れて、必ず保護者の確認をとることになっています。保護者の面から考えるととても安心できるシステムですね。

痩身エステの総額について

多くのエステサロンにはコースがあり、コースの料金は「1回の料金に回数をかけたもの」になります。回数としては、一般的には10回、15回、20回が多いです。

回数が多くなれば割引率が高くなる場合があります。痩身エステにかかる総額の例として、20~30万円になる場合が多いとされています。数回の施術だけでは一時的な効果しか得られずすぐに元の体型に戻ってしまうため、多くのエステサロンでは最低でも10回程度通うことを前提にしています。

しかし、体型や体質には個人差があるため、何回行けば理想の体型になるといった明確なものはありません。そのため、数十万円以上の費用がかかってしまう場合もあります。

また、週に1度や月に1度などのサロンが指定する周期通りに通えない場合は、効果が出にくいためさらに回数が増え、費用負担がかかる場合があります。

また、エステサロンによってはサロンのケアだけではなく、自宅でのケアを促す場合もあります。その際はボディクリームやサプリメントなど、コースの料金に加えさらに数万円~数十万円の費用が掛かります。痩身エステに通う場合は、事前の説明をしっかりと受け納得したうえで契約をすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加