エステサロンの種類ってどれくらいあるの?医療やクリニックの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、美容意識の高まりからエステサロンやクリニックが増えています。大した差はないと考えがちですが、実は明確な違いがあります。今回はその違いや種類、通う前に知っておくと便利なことを紹介したいと思います。

エステサロンと美容医療の違い

近年エステサロンに通う方が多くなっていますが、美容医療とは大きな違いがありますエステはエステシャンが肌の悩みや生活スタイルなどを聞いてから、悩みに合わせたコースを提案してくれますが、美容医療は専門医師と相談して施術したい部分やイメージを決めて、方法や注意、アフターケアなどの説明を受けます。

また、施術には同意書が必要です。エステは、ハンドマッサージやマシンを使って美肌へ導いていき、くすみやたるみ、むくみなどの改善効果があります。美容医療だと、手術などでメスを外科や糸などのリフトアップやレーザーなどを使ってシミやしわ、注射などを行います。

サロンだと定期的に通う事が多く、肌質改善をしていきますが初回体験やキャンペーン料金などがあり、美容医療だと保険がきかないので高くなります。エステの主な特徴として、ゆったりとした気分でリラックスしながら肌質や体質改善などが出来ることがあります。

顔のくすみやトラブルは、冷え症や血行の悪さなどが原因になっていることも多く、それを改善していくことで肌や身体を良くしていきます。また、アロマなどを使って日頃のストレスから解放される空間を提供しているサロンもあり、美容医療のように直ぐに効果が出ませんが、健康的に体質を変えていくことが出来るのが魅力です。

エステサロンとクリニックの違いについて

近年、美容意識の高まりからエステサロンやクリニックが増えています。大した差はないと考えがちですが、実は明確な違いがあります。エステサロンのメリットとしては、施術費用を安く抑えることができることです。肌をきれいにしたいけど費用はあまりかけたくない方には適しているでしょう。

しかしながら、働いているエステティシャンは国家資格ではありません。ですので、医師と比べると技術も知識も劣っている可能性があります。そのためエステサロンでは医療行為にあたる施術は行えません。万が一、トラブルが発生した場合の対応が遅くなったり、対応しきれないというデメリットがあります。

クリニックのメリットとしては、美容を専門とする医師が施術をすることから安全性の高い施術を受けられることです。そのため施術費用が高くなるというデメリットがあります。しかしながら、クリニックでは薬剤や注射、専用マシンを使用した医療行為を行うことができます。

効果の高い施術を受けられることから通う回数を減らすこともできます。施術前のカウンセリングから施術後のアフターケアまでサポート体制が充実しているので、万が一トラブルが起こった場合でもすばやい対応を受けることができます。

このようにエステサロンとクリニックではメリット、デメリットがはっきりと分かれていますので、施術を検討する場合はどちらが良いか良く検討した方が良いでしょう。

エステとクリニックの違いとは

きれいになるために通うところとして、エステとクリニックがあります。どちらも肌をきれいにしたり、痩身効果を期待したりと、美容的なメリットがあるわけですが、大きな違いとしてはクリニックでは医療行為ができるという点にあります。

医師によって施術がお壊れることになりますし、メスを使ったり、注射を使うということになりますと、エステでは行うことができません。医学的なところからアプローチしていく方法を希望されるようであれば、クリニックの施術となります。

エステでは、身体に負担もなく痛みもほとんどないという形で美容のためにできることがたくさんあります。定期的に通うということもできますし、普段のケアにプラスしたスペシャルケアを行うことができるというスタンスで通われている方が多いでしょう。

また、脱毛に関しても両方で行うことができますが、フラッシュ脱毛という方法はエステ、レーザー脱毛ということになりますと医療行為になりますのでクリニックでの施術となります。

根本的に何かをしたいということでしたらエステでは限界がありますので、美容皮膚科や美容外科で専門医師に相談をしてみるということがベストな方法かもしれません。どちらもきれいになるための方法がたくさんあります。

エステサロンの種類について

エステといっても、大手からプライベートまでいくつかの種類があります。大手は、テレビや雑誌などでも見かけることが多く全国に店舗があります。引越しをしても他の店舗で受けることも可能で、割安なキャンペーンなども行っています。

また、美顔やボディ、脱毛などコースが多くて美容の最新情報や流行なども取り入れています。一方地域チェーンは、地域を中心として個人店ならではのきめ細やかさや、大手と変らぬ設備、地域密着型だからこそのサービスやポリシーなどがあり、規模も小さいので気軽に通えます。

ゆったり感やリラックスを重視したい場合は、プライベート系がお勧めです。個人で経営していて、アロマやリフレ、ヘッドなど、リラクゼーションコースなどが主になっています。Web上などに詳しい情報は掲載しないで、隠れ家サロンとしてサービスを提供しているものもあります。

他にも、医師がいるメディカル系では皮膚科や美容外科が併設していたり、クリニックと提携しているサロンがあります。医師が相談にのってくれるので安心感があり、高い施術やアフタフォローなども充実しています。また、ヘアサロンと併設されているものや、コスメメーカーなど直営店や百貨店、ホテル内に併設されているコスメティック型のエステサロンなどもあります。

高級ホテルの中にあるエステサロン

人は誰しもが高級ホテルで優雅な時間を過ごしてみたいと憧れを抱くものです。しかし、旅行の予定がないのでそのような場所に行く機会がないという場合でも利用することは可能です。日本各地には様々なリゾートホテルがあります。自分が住んでいる都道府県にも、そのようなホテルは必ず1つはあります。

ホテルを利用できるのは、宿泊者だけではありません。宿泊していなくても利用することは可能です。ロビー内の喫茶スペースで過ごすこともできますし、ランチを食べに行くだけでも利用は可能です。さらに一歩進んだ使い方としては、プチ贅沢を堪能することです。

それは、施設の中にあるエステを受けてみるという方法です。高級リゾートをうたい文句にしている場所には、エステサロンやスパが施設の中にあるものです。そこにはアメニティが充実していますので、手ぶらで行っても構いません。使用される化粧品は高級なものばかりですので、存分に利用したいものです。

エステサロンには一流のエステティシャンが常駐していますので、安心してマッサージを受けることができます。このような場所でのエステには女性が行くイメージを持ちやすいものですが、もちろん男性も利用可能です。たまには非日常的な空間を味わうことで、疲れを癒されるだけでなく心も豊かになり、ゆとりのある思考を養うことができます。

エステサロン開業 ホームページ作り

やっと夢だったエステサロン開業を果たしたのに、お客さんがこない…これではせっかくの独立開業も辛く苦しいものになってしまいます。効率的な広告があなたのエステサロンを人気サロンに仕立て上げる重要なポイントなのです。まず思いつくのはホームページをつくることでしょう。

ホームページがあることは非常に重要です。お客様にとってホームページでいろいろなサービスを確認できることは大きな安心感を与えます。ちゃんとしたサロンかどうか、支払う金額に見合ったサービスを提供してくれるのかどうか、お客さま複数のサロンを比べながら品定めをしています。

ですのでまずはホームページがあることは人気サロンにするためのスタートラインと言えます。ホームページにはテキストでサービスの内容や料金を載せるだけでなく、お店の内装や使用している機材・商品などの写真も載せるようにしましょう。

どんなお店なのか、来店前にお客様が自分がその場にいるようばイメージを持たせることが重要です。あなたが洋服を購入するとき、服を試着したり、コンビニでおにぎりを買うときに手にとってみて買うか、買わないか検討しませんか?それと同様です。

まだ来店していない人に来店しようと思っていただくためにはそれを手に入れた時のイメージ、体験している自分のイメージをホームページを通してお客さまに感じさせるのです。まずはイメージが膨らむホームページ作り、これがあなたのサロンを人気サロンにする第一歩です。

エステ業界の上場について

よく比較的新しい会社が上場すると、何かいいことがあるというイメージが浸透しています。しかし、何がいいのかというところまではあまり認知されていないというのが現状です。その中で、エステ業界でも上場する会社がいくつか出てきています。上場するということは、企業が市場に出回っていることですから、当然知名度が上がります。

それだけではなく、オープンにされていることから、資金の調達がしやすくなります。エステのような最新技術を常に取り入れなければならない業界は、設備投資に多くの資金を注入しなくてはなりません。ですから、まとまった資金が常に必要となるのです。

そんなわけで、上場して市場に登場するということで、資金を調達しやすくし、他の企業との競争に負けないような経営をすることができるのです。このようにして最新の技術を取り入れ、また研究開発によって新たな手法を生み出すことも出来ることで、顧客満足度をより高めるような経営が出来るようになります。

皆さんにとって身近にある企業でも、経営に注目してみると、サービスだけでは見えないものが分かり、選択の幅が広がるのではないでしょうか。つまり、広告だけで判断するのはあまり賢くはないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加